沖縄ウェディング プロデュース 「Love Baile(ラブバイレ)」

女性の関心事!!ダイエット☆

2013.04.02

ウエストに腕…はたまたヒップに太もも…少しずつ暖かくなってきて、今まで着ていた洋服が一枚一枚と少なくなってくると同時に気になるのが・・・ダイエット。

私の場合は産後の体型戻しというか、それ以前の体重戻しがもっかの関心事。

赤ちゃんをお腹から出したら自然に体重って戻るかな??だって子育ては大変だと聞くし…なんて甘いことを考えていたのですが。

何と言っても母乳が出ない…。自分の食べた分は全て自分の栄養素へ。だからといって、慣れない体力勝負の育児をご飯を食べずに乗り切れるわけもなく、雑誌を開けば「2~3カ月で出産前の体重に戻りました」だとか、「産後は産前よりも痩せました」だとか、何それ…あり得ない…という記事ばっかり。

そしてダイエットの大敵が何よりも「便秘」だと実感しました。私自身普段はお通じが良い方なのですが、産後は帝王切開だったということも関係してか、お腹に力が入らず、「便秘で死ぬってあるかしら;;」と本気で悩むほど。通販の○○宣言!!なんてのを見ると「私もやってみようかしら」と子育てで娯楽がテレビしかない新米ママの心をゆさぶるようなCMについ乗せられそうになったり。

食べる量と同時に、出す量がほんとに大事なんだと産後7カ月がたって思います。夏の出産は、冬に向けてたるんだ体を隠せて、落ち着いてきたころにまた薄着の季節がやってくるよう思いがけないメリットがあります。

ウェディングを控える女性の大半がそのままで最高にきれいだけど、さらに磨くために始めるダイエット☆溜めないで出す生活がその一番の近道だと身を持って体験しました☆

お電話はこちら:098-959-3768

女性にとっての日々の磨き!

2013.01.24

今日は良いお天気です☆

1月も後半、これから春に向けてウェディングシーズンとなります。ラブバイレでも5月6月とお客様のプロデュースをさせていただくことになり、今の時期は打ち合わせが行われています。

女性にとってやっぱり特別なウェディング。どのお客さまも「何もやっていないですよ」と言いながらも、体は少しずつ引き締まり、肌がきらきらして、自然と美しくなっていきます。その内面からキラキラしていく姿を見るのはラブバイレとしてもとっても嬉しいこと。

そして、ラブバイレで結婚式をあげたくださったお客さまも続々とママへ☆年賀状にて赤ちゃんの写真付きのものをいただいたりするとさらに嬉しくなります。

そうして女性は花嫁からママとしての美しさ、日々の磨きへと変わっていくのです。

これは花嫁さんにとっても、もちろんママにとっても効果的な体の引きしめ方なのでぜひお試しを。

バスタオル2枚を二つ折りにして筒状にぐるぐる巻きにして、紐やリボンなどで固定します。そしてその上に尾てい骨にあたるようなイメージで座り、あおむけに寝転がります。両手はばんざいの体勢で手のひらを床につけ、小指と小指が触れるぐらいにします。両足は親指と親指を触れ合わせます。

この姿勢で5分間キープ。何だこのくらいと思いますが、これ体のゆがみを元に戻して、骨盤を正しい位置に引き上げるということで案外痛みがあったりもします。私の場合は右側にゆがんでいるのか、右腕、右足が5分やっているとだんだんじんわりしびれてきます。たった5分、眠るだけで良いので、赤ちゃんがいて大変な時も、結婚式の準備で忙しい時も、続けやすいストレッチです。

このおかげか?!ほんの少し体重も落ちてきました。

女性にとっての日々の磨きは、結局自分自身が日々を楽しく前向きに張り合いを持って生きるためのスパイス☆ダイエットもそんな風に考えると結構楽しくなるかな??そう思って、自家製バスタオル枕の上に寝転がってます。

なかなか気持ちいいのでぜひお試しください☆

お電話はこちら:098-959-3768

美しさの在る場所

2012.06.21

森の中、黄色が鮮やかなビオウヤナギ

初夏に咲く美しい花々。黄色と素朴さが美しいビオウヤナギ。

美しさの在り方はそれぞれ…。

その美しさがどこに在るかでも違ってきます。森の中で、美しく映えるもの。フラワーショップのような場所で購入する花かごの中で可憐に繊細にみえる花の存在感。どの場所にいるのが一番映えるのか…それは、花だけではなく女性も同じこと。

このどこか地味に見えながらも、存在感があるところがこの花の魅力のような…

人はよく、人と比べて自分を卑下してしまいがちだけど、それはその相手が自分の輝く場所を知っていて、もしかしたら自分は他の場所でこそ輝ける存在なのに、そのことに自分だけが気づいていないのかもしれない…。

ウェディングという時間が、そんな自分自身の「美しさの在る場所」に気づく時間になれば…。自分のコンプレックスが、逆に個性だと前向きにとらえることが出来る、そんな時間を提供したい。

水に浮かぶハスの花の美しさ…でも家の中で鑑賞するよりは…

ハスの花も、水の上で瑞々しく咲き誇るほうが、家の中で鑑賞するよりも断然美しい。また、なぜか良い香りのする花弁の多い優美で艶やかな花は、散ってしまうのもあっという間。茶花によく使われるような、素朴で少し大人しめで、あまり香りのしない花は、散るのもゆっくりで、長く楽しむことが出来ます。

北部の初夏を彩るイジュの花々。

在るべき場所に在るものは存在だけで美しいもの。中にはキレイだからとその土地にあって存在感を発揮している植物を持ち帰ってしまう人もいるとか…。「美しさの在る場所」を感じることの出来る情感の豊かな女性でありたいものだと、そういう話を聞くときに思います。

お電話はこちら:098-959-3768