沖縄ウェディング プロデュース 「Love Baile(ラブバイレ)」

沖縄だからこそできることっていっぱい!

2015.08.16

沖縄の夏と言えば、海、自然ですが、それとは一味違う沖縄の夏の楽しみ方☆

それが、沖縄芝居で「怪談もの」を見ること。夏真っ盛りの今日、36年ぶりの復活上演となった「十貫瀬の七つ墓(じっかんじのななちばか)」という舞台を娘も連れて見てきました。怪談ものですが、第1幕はそんな場面もそうそうありません。娘は、上演20分で早くも夢の中へ。でも、怪談ものに特有の「きゃ~~~」という叫び声や、「どろどろどろ~」のような効果音に、びくっ、びくっとしながら、かたくなに眠り続けていました(笑)

組踊とはまた違った魅力のある「沖縄芝居」。人間の悪や、闇、でも母の子に対する無償の愛や、真実の情けなど、見ごたえたっぷりの2時間20分でした。十貫瀬とは、今の沖縄の国際通りから一本入ったパラダイス通りと言われている場所が舞台。今も少しお墓が残っていますが、舞台の当時は薄暗くてとても田舎で…という場所だったようです。実話ではないようですが、話途中で主人公が殺されて井戸に落とされます。これが、貞子を彷彿とさせて、怖い怖い…。

沖縄でしか出来ない、沖縄だからこその夏の過ごし方。舞台を見た後は、急いでTVの前へ。興南高校の応援!無事勝てて、ベスト8です!今日は「沖縄芝居」を堪能。

お電話はこちら:098-959-3768

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>