沖縄ウェディング プロデュース 「Love Baile(ラブバイレ)」

ボリショイバレエ2012日本公演「白鳥の湖」

2012.02.12

私の大好きなスヴェトラーナ・ルンキナの白鳥&黒鳥に垂涎!!

2012年2月9日(木)13時開演の「白鳥の湖」。さすが東京といった感じで、平日の昼公演にもかかわらず会場は満員でした。

白鳥の湖ほど、有名でしかもヴァージョンの多いバレエも珍しいですが、今回のユーリー・グリゴローヴィチ版の白鳥の湖はその中でも、最高傑作と思うほどの素晴らしい振付、演出でした。バレエは、同じ演目であっても振付・演出や、バレエ団、ダンサーによって全く異なる魅力を放ちますが、今回の公演ほどそのことを魅せ付けられた舞台はありませんでした。

今回の演出は、王子の内的世界を中心に物語が進行していき、白鳥であるオデットに出会い惹かれ、そしてオディールに出会い惹かれだまされる有名なシーンも、通常だと王子がどこか滑稽で間が抜けた印象になるのですが、ユーリー版では、そこに行きつく葛藤や、愛や情感が、ドラマティックに演出され、クラシック的ではなく、ドラマティックバレエのような演劇性を色濃くし、しかもその中で、ダンサーの持つ表現力、技術力は大胆に表現され、「マイヤーリング」や「マノン」「オネーギン」を見たときのような深い感動の舞台でした。

セミューン・チュージンとルンキナのコンビも最高でした☆

ルンキナのオデットは、あまりに弱弱しく、芯のない雰囲気だったのですが、それもその後のオディールへとつづく伏線だったようで、情熱的で生命力にあふれた力強いオディールは圧巻!!繊細で儚げ、目を離した瞬間にふっと消えてしまいそうな薄幸のオデットの魅力、そして力強く、生命力にあふれエネルギッシュでカリスマ性とオーラに満ち溢れたオディールの美は、女性の持つ対極の美しさであり、二面性とも感じられます。

音楽の使い方や、オディール登場のシーンに黒鳥を引き連れる演出、どれをとっても今まで以上に納得の舞台構成で、ユーリー・グリゴローヴィチ版の白鳥の湖に出逢えたことに心から感謝する、最高の舞台でした!!!

お電話はこちら:098-959-3768

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>