沖縄ウェディング プロデュース 「Love Baile(ラブバイレ)」

ウェディングにおけるフラワーの大切さ

2010.07.19

アヤノのデザインしたプリザーブドフラワーブライダルにおいて、フラワーを重視するお客様はとても多いです。

でも、ホテルや式場の場合、自分の好きなお花で飾ることができなかったり、イメージに近づけようとすると膨大な金額がかかったり…

そんな中、Love Baileは、お客様の希望に添えるように出来る限りの要望にお応えします。

左の写真は、Love Baileのこだわり、アヤノのデザインしたプリザーブドフラワー。

プリザとは、保存された花という意味で、一番の特徴は、生花さながらのみずみずしさを保ちながら、長期保存が可能だということ。

プリザーブドフラワーさらには、造花ではなく、生花にオーガニックな染料を使い、花の力によって吸い上げ、特殊加工を施した、フランス生まれの新しい花です。

会場を装花したお花、それをゲストのお客様に記念にお持ち帰りいただく、二人のウェディングの思い出をゲストの生活にまで。

フラワーは、高いと思われていますが、プリザーブドフラワーで、結婚式が終わっても、思い出が形に残るなら、二人にとっての素晴らしいこだわりになる気がします。

ブライダルフェア
7月13日(火)~8月15日(日)
沖縄市ロージャース内フラッグシップオキナワにて
10:00~20:00(期間中休みなし)
入場無料 お気軽にお越しください。

お電話はこちら:098-959-3768

クバ御獄での経験

2010.07.18

クバ御獄最近、ヘアメイクさんとの打ち合わせに行ったとき、そのスタジオにあった、東京ガールズコレクションINオキナワのフリーペーパーをパラパラめくっていたら、
モデルたちの沖縄観光のページで出てきた、沖縄のパワースポット、今帰仁城跡近くの「クバ御獄」

人気モデルたちが、ピースサインをしている写真に、「きっと簡単に行けるんだな」と安易な判断をしてしまったのが間違いの元。

クバ御獄からみた景色まず、真っすぐ歩ける道はなく、険しい山道を、命からがら登っていく感じ。

高所恐怖症の私には、周りの景色を楽しむことなど出来ず、これは、山の絶壁から撮ったその時の頂上の写真。

これも、足はがくがく、怖いし、泣きそうになりながら登りました。

この写真は、伊江島がきれいに撮れました。

伊江島がきれいに撮れましたそれにしても、やっぱり自分で経験してみないと何事も分からないもの。

雑誌で見た感じでは、あんなに簡単そうだったのに…

どんなことでも、経験に勝る感動、心の動きはないのだと、汗だくになりながら、感じました。

その後に飲んだ、お茶のおいしかったこと。

なかなか出来ない経験でした。

クバ御獄の説明クバ御獄の説明はこちらから←

Love Baileで結婚式をあげたお二人をここに連れてきてあげたいなと思いました。

ここは、子宝に恵まれるパワースポットにもなっているんですよ。

お電話はこちら:098-959-3768

スタイルを作るということ

2010.07.18

YOKANG のウェディングドレスブライダルフェア初の週末。

多くのお客様に足を運んでくださってありがとうございます。

日曜日の今日、沖縄県中部は今大雨です。

にわか雨で、じき晴れるといいですね。

今日の話は、YOKANGのウェディングドレスについて。

昨日届いた定期購読のブライダルアート誌を見ながら思ったこと。

ウェディングドレスは、どんなに形に工夫をしてもやっぱり一色使いが王道だということ。

そんな中、沖縄的な美しい色味が特徴的なYOKANG のウェディングドレスは、世界的に見ても大変珍しいかもしれません。

それが、スタイルを作るということ。

人生において、自分自身の確固たるスタイルを作るということは、大変なこともあるけれど、でも、楽しく生きるためには必要不可欠なこと。

ウェディングの準備をしながら、ドレスを通して、自分自身のスタイルを確立していくことももしかすると面白いかもしれません。

ぜひ一度、ブライダルフェアに足を運んで、ちょっと見てみることも何か新しい発見があるかもしれません。

自分の目で見て、経験することほど、実感できるものはないですよね。

昨日、それを実感しました!!!

お電話はこちら:098-959-3768