沖縄ウェディング プロデュース 「Love Baile(ラブバイレ)」

Wedding is beautful !!

2010.12.19

挙式準備中の様子から

 ウェディングってやっぱり世界で一番美しい。先日の16日、第1号となる記念すべきお客様のフォトウェディング&挙式のプロデュースを執り行いました。女性というのが、ウェディングの場でどれほどまでに美しくなれるのか、というのを実感する一日となりました。

 新婦さんは、かわいらしく優しい印象のキュートな方。自然体で、カジュアルな服装が多く、笑顔が愛らしい印象。でも、新婦さんは、「かっこいいモードっぽい写真にしたい」とのご希望でした。カメラマン、ヘアメイクともにその印象に近づけるべく奮闘。そしたら、女性は見る見るうちに、元々あった美しさの原石を磨きだして、本番当日は、本人でさえも、こんな表情を出すことができるとは思わないほどの、クールでセクシーなかっこよくて美しい、アジアンビューティーな新たな一面が写真の中におさまりました。

 これぞまさしく、Love Baileウェディング・マジック!!!!人の中には、美しさの様々な形があります。普段の自分のときには、その中の一つが出ているに過ぎず、なにかきっかけさえあれば、新しい美がすぐそこまで成長して、花開くのを待っています。それを、形にして、隠れていた新たな魅力を引き出すのが、Love Baileのフォトウェディング&ウェディングプロデュースなのです。自分でも知らなかった、最高にカッコイイ隠れた魅力が見つかる。それは、プロのモデルやタレントを多数手がけるヘアメイク&カメラマンの手だからこそ出来ることです。

 Love Baileのウェディングは、ただのウェディングではありません。これから先の長い将来に渡って、多くの魅力を引き出し、ウェディングから始まっていくのです。

 ここで、少しだけ当日の写真をご紹介。

こんなウェディング写真他には絶対ありません!!

  こんなウェディング写真他には絶対ありません!!ここでのポイントは男性にあえてタキシードを着ていただかなかったこと。ウェディング=男性=タキシードという固定概念は取り払って、ドレスに合わせて、男性が一番引き立つ衣裳を選んであげることが、醍醐味の一つです。今回の新郎さまは、がっちりしていて迫力があり、きちんと自分の生きる道を持った、個性がある方だったので、女性のドレスにあわせてかなり色にあそびのあるオレンジのシャツをセレクト。そうすると、それを上手に着こなして、上の写真のような最高にポップでキュートな、ウェディングというよりは、アート雑誌に載ってもおかしくないような仕上がりになりました。

新郎の衣裳、新婦の表情に注目!!

 次のこの写真こそ、このご夫婦の個性を最大限に引き出した最高の一枚。撮影も終盤になり、奥様もかなりカメラに慣れてきて、表情にも明らかな変化が表れています。クールでセクシー、美しいその表情やポージングは、朝からの撮影で撮られることに慣れてきて、自分なりのカラーを出せるようになった証拠。そしてその瞬間を決して逃さずに、カメラマンが押さえます。もう一つは、旦那様の衣裳。旦那様は武道家であり、ずっと剣道をやっているので、この道着を何よりもカッコよく着こなします。これこそ、男性の美の象徴。作ったうわべのポーズではなく、内面からにじみ出る男性にしか出せない生きざまのカッコよさをこれもまたカメラマンがその瞬間を逃さず押さえます。そしてもちろん染めの鳳凰は、YOKANG(ヨーカン)。ご自身がお持ちの衣裳に、奥様のドレスに合わせて、染めを入れるという今までの常識では思いもよらない方法で、男性もただその一日衣裳をレンタルするのではなく、今後一生使える宝物を残すことができます。

 このお二人の写真はまだまだあるのですが、この続きはこうご期待!!!!とにかく今までの常識を覆す最高の写真を残したいなら、今すぐお電話ください。

 ℡098-988-9142(年末年始も休まず、営業。気になったその瞬間にお電話ください。)

 お二人のやりたい形を、本当の意味で形にするのがLove Baileウェディングです。

 この撮影の日は、奥様の30歳の記念すべき誕生日!!旦那さまから奥様への日ごろの感謝を込めての大きなプレゼントでした。上の剣道着と一緒に写っている奥様のドレスは、セミオーダーになっていて旦那さまからのプレゼントです。今すぐ、フォトウェディングのご予約を!!!最大級の満足をお約束いたします!!

お電話はこちら:098-959-3768

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>